ORDER SUIT

DIARY

DIARY

「ORDER SERIES V.I.P EVENT」 只今開催中の上記イベントですが、こちらのイベントは4/13(月)までの開催となります。ぜひこの機会に弊社が提案するオーダーシャツ・ベルト・ネクタイをお得なプライスでお楽しみください。 個人的に気になっているのは、昨年入荷の際も大変反響を頂きましたW100%の生地で仕立てるオーダーシャツ。ブランドは、イタリアの名門"REDA super120's" 世界を代表する高品質生地をより身近に感じていただけるように作製されたこちらの生地は、コットンとは一味違ったまるで濡れているかのような美しい艶感と最高の触り心地を演出。落ち着いて上品なシャツを仕立てる事が出来ると思います。 いや…生地は見れば見る程、欲しいのが出て来てしまいます。上の写真のような一見真っ白な無地のシャツかと思いきや、実は花柄が入っているという非常にイキの効いたシャツ生地もありました。これもインポートならではの遊び心ですね。男性にとってシャツの存在は、必要不可欠。この時期は羽織ものとして。秋冬はインナーとして年中使えるのもシャツの特徴の一つだと思います。 ぜひこの機会に自分の体に合わせたオーダーシャツで様々な用途に合わせたシャツスタイルをお楽しみください。詳しくはお気軽にスタッフまでご相談くださいませ。明日からの週末も皆様のご来店をお待ちしております。  
続きを読む
ORDER SUIT

ORDER SUIT

本日は、お客様のスーツのご紹介です。 今回お仕事用スーツとしてオーダー頂きましたT様のオーダースーツ。ご職場の環境が"非常にお洒落に敏感"ということを聞いておりとても素敵な会社だと思いました。今回T様も周りの皆様に負けないこだわりタップリの内容でこの度オーダーを頂きました。このスーツがこちら。 目の覚めるような光沢が美しいブルースーツ。ここに来てまた弊社でもインポートらしい青々したブルースーツのオーダーが目立つようになりました。やはり春夏は自然と爽やかなカラーのスーツを着たくなるものです。こちらの生地は、イタリアの老舗ブランド”VITALE BARMERIS CANONICO-ヴィタルバルベリスカノニコ-"こちらはウール&モヘア混合生地となっております。   このモヘア混の生地は、滑らかな触り心地と上質な艶が非常に上品で仕立て上がりの良いスーツになる印象があります。今回のように無地のスーツをお探しの方は、シンプル且つ高級感を手に入れる事ができるお勧め生地ですね。カラーも多数ご用意致しておりますので、他にも濃いネイビーやチャコールグレーなどの定番カラーでもこの上品な艶でまわりとは一味違った高級感を演出することをお勧め致します。 チラッと見えていたかも知れません。裏地は、キュプラ100%のペイズリー総柄。弊社ではこちらのシリーズも様々なカラーをご用意致しております。見た目の高級感はもちろん、やはり袖通しが非常に心地良いですね。あとは静電気も起こりにくいのも大きなポイント◎。乾燥が目立つ時期の"バチッ"がだいぶ減ると思います。 襟穴や両袖カフス釦ホールの色味を通常の色味と変えることも可能です。ここは一目で分かるオーダーのポイントとして付ける方も非常に多いオプションです。   下の写真は、無地のスーツにお勧めしたい"チェンジポケット" 右側にのみポケットが2つ付くという独特なポケットの由来は、元々昔の人達が小銭=changeを入れるのに使っていたという所から来ています。今となってはオーダー感を演出する仕様として浸透していますが、着丈の長めな英国調のスーツに合わせる事で中胴部分がスマートに見えてくるという効果もあります。 さらに、ご紹介したいのがこのベストデザイン。昨今のクラシックブームによりファッションに敏感な強者たちが揃ってオーダーする仕様がこのW4×2スタイルです。普段のベストは、正面にボタンが5〜6個並んでいるモデルが主流ですが、こちらのモデルなら一気にクラシック感を出してまわりとの差別化を図れます。   結婚式など特別なお祝いの席などに合わせた一着として、ぜひお勧めしたい3P。さらにもうひと手間加えることで、より新しいスーツスタイルをお楽しみいただけると思います。 ベスト裏地もジャケット裏地と合わせたペイズリー柄に合わせる徹底ぶり。外見はシンプルながらスーツ生地の高級感や裏地で遊び心をプラスする事でオーダー感タップリなスーツに仕上がりました。 T様この度は素敵な一着をオーダー頂き、誠にありがとうございました!
続きを読む
DIARY

DIARY

デキる大人の必須スタイル。「ジャケパン」 この春、弊社でもジャケット単品でのオーダーが非常に多くなっております。いつものパンツにジャケットを羽織るだけで、印象はガラッと変わります。スーツ地には、ウールをベースに少しリネンを含んだ生地を選んでいただくと見た目も涼しくて心地良いと思います。 今回のスタイルには、インナーに以前もご紹介させて頂きましたニットポロをセレクト。歳を重ねると同時に普通のTシャツ一枚よりも、襟付きのアイテムや上質なニット素材の春夏物を着る事がまわりとの差別化に繋がります。やはり見た目の印象も全然違いますから、着るシーンに合わせてTシャツと上手く使い分けるのがよいのではないでしょうか。 こちらのニットポロ、夏場はもちろん一枚でOK。サラッとした薄手のニット素材ですので、暑さを気にすることなくお試しいただけると思います。 ・BESPOKE JACKET ¥98,000+TAX〜 ・SIDE SLOPE KNIT POLO ¥18,000+TAX ・JACOB COHEN ¥74,000+TAX ・ORDER TASSEL LOAFER ¥45,000+TAX "ワンランク上の大人スタイル"を楽しむには、より良いアイテム選びと絶妙なサイズ感を創り出す事がとても重要です。詳しくは、ぜひお気軽にスタッフまでご相談ください。
続きを読む
SUIT STYLE

SUIT STYLE

「いつものスーツをカジュアルに。」 今回ご紹介するスタイルは、私物で普段はドレスアップ用に使っているブラウンスーツのカジュアルスタイルの提案です。 弊社のオーダースーツは、ナロータイプを採用し一般的なスーツよりも全体的に細身にデザインされた完全オリジナルモデルとなっております。その特徴としてビジネススタイルは勿論、カジュアルスタイルにも落とし入れやすいシルエットが特徴となっております。 昨今の流行カラーであるブラウン。ここ最近は、春夏・秋冬関係なく着る方が増えましたね。私もかなり愛用しているカラーです。元々はお洒落スーツみたいなイメージが強かった色味なのですが、ネイビー・チャコールグレーに変わる新たなビジネススーツとして手を出す方が非常に増えた印象があります。周りとの差別化を図れるのが大きなポイントなのかなと思います。   そんなブラウンスーツはカジュアルにも非常に使いやすく、これからの春夏はインナーにニットポロを合わせて着たいですね。インナーはTシャツでも良いと思うんですが、やはり襟付きの物を着ると印象は違います。様々なシーンに合わせてインナーを変える事で一着のスーツでも色々と楽しめると思いますよ。 アクセサリーはサラッと。スーツ・インナー共に無地なのでチーフで柄物をプラス。このくらいシンプルな方がウケは良いんじゃないでしょうか。   足元には、前回ご紹介した"タッセルローファー" blogでご紹介後、お問い合わせも頂いており嬉しい限りでございます。これからの春夏のスタイルに短ソックスでくるぶしを見せながら履くのがマストです。スーツパンツの丈も短めに設定して、ダブル仕様4~4.5㎝が◎店頭には脱げにくいお勧めの短ソックスもご用意致しております。  スーツもそうですが、様々なスタイルを組む中で重要なのはサイズ感です。また、着こなし術など様々な要素を全て取り入れることで理想のスタイルは完成致します。   なんでもネットで買えてしまう世の中だからこそアナログの良さを生かしたトータルコーディネートの提案を私達は心がけております。もちろん時代に取り残されてしまうのはNGですが…そういった古き良き時代のアイテムをオーダーで感じてみるのはいかがでしょうか?詳しくはお気軽にスタッフまでご相談くださいませ。   ・ORDER SUIT 2P ¥48.000+TAX~ ・SIDE SLOPE KNIT POLO ¥18,000+TAX ・ORDER TASSEL LOAFER ¥45,000+TAX  
続きを読む
ORDER TASSEL LOAFER

ORDER TASSEL LOAFER

今日ご紹介するのは、やっと実現する事が出来ました。今春より弊社が展開しておりますオーダーシューズより、"タッセルローファー"のオーダーをSTART致します。   以前よりお客様から"ローファーのオーダーをしたい!"という意見を多数頂いており、今回工場と話し合いを重ね"別注モデル"として展開する運びとなりました。こちらも今までのオーダーシューズ同様、お客様の足の形に合わせてサイズの調整が可能。また、お好きな革を選んでご自分の好きな組み合わせでオーダーする事が出来ます。 今回私がオーダーした一発目のモデルがこちら。甲革はシンプルに黒をチョイス。まず一足目としては、無難にどんな洋服にも合わせられるローファーという事でデザインしました。腰裏も同色の黒にする事でよりシンプルに。ここは好みの色で良いと思うのですが、せっかくのオーダーですから既製品ではあまり見かけない色を選ぶようにしています。今回はローファーなのでこれからの時期に短ソックスと合わせることも考えて、黒の方がまとまって見えるかなという考えもあります。 タッセルは"長さ"にかなりこだわりました。私も今回タッセルローファーを製作するにあたり色々と物を見てきましたが、このタッセルが小ぶりでサラッとしてるデザインが外しすぎてなくて良いと感じました。この部分が大きいとどうしてもカジュアルな印象になりすぎるので、私はこのローファーをビジネスシーンを含めた様々な場面で履いてもらいたいという想いからデザインを考え直しました。   本来ローファーは通常の革靴の中でもカジュアルな部類に括られてしまうので元々の考えで言えば、ビジネスシーンには不向きな革靴です。しかし、昨今のビジネスシーンは服装のカジュアル化が進み、ローファーを取り入れる方も非常に増えてきているんですね。それに合わせて今回私達が提案するタッセルローファーは、ON/OFFどちらでも履いていただけるようカジュアル過ぎずにでもどこか抜け感も楽しめるようなデザインを一から作成致しました。 また、ローファーに関しては靴紐が存在しないため、オーダーの際のフィッティングが非常に難しいという難点もあります。あまり緩く作ってしまうとガパッと脱げてしまう恐れがあるんです。ですのでオーダーを頂く際には、いつもよりもワンサイズ下げてのオーダーをお勧め致します。初めてのオーダーの方に関しましては、タイト目な状態でのオーダーをお勧めいたします。   私の場合は、通常は左足→26.0㎝,4E/右足→25.5㎝,4Eでオーダーしていますが、今回は両足共に3Eへサイズダウン。いつも気になる足幅の部分のみ、のせ甲で微調整を加えました。このように細かく自分だけのサイズ感を見つける事ができるのがオーダーシューズの特徴の一つです。履き心地はそりゃもう…正直既製品には戻れないと思いますよ。 踵には、"禁断のシークレットヒールUP"を5mmプラス。この5mmが実は結構デカい。盛ってる感じも一切無く、とても自然体です。(こちらはオプション料金となります) 店頭には生地のサンプルは勿論、カタログや商品のサンプルもご用意致しております。革靴の新調をお考えの方はお気軽にご相談くださいませ。 ・別注 ORDER TASSEL LOAFERS ¥45,000+TAX〜
続きを読む