ORDER SUIT

DIARY

DIARY

8月に入りまして一気に夏本番と言った厳しい暑さになりました。 弊社では、季節外れの秋冬物の入荷も始まっておりますので…今回は次のシーズン 2020AWの話をしていきたいと思います。 次のシーズンは、何を着て周りとは違ったスタイルを楽しもうかなーと考えると…まず最初に頭に浮かぶのはやはりダブルとスリーピースですね。ここ最近はずっとクラシックな雰囲気がトレンドとされていますが、今年の秋冬はそれの集大成がいよいよ来るのかなと言った感じ。 スーツの括りの中でもより品格ある雰囲気が楽しめるダブルとスリーピースをワードロープに加えておくことをまずお勧め致します。パンツもワンタックぐらいを入れながらゆとりを入れつつ、膝下や丈感はあくまでもスッキリ履きこなすことが大切です。 柄は、個人的に今季も太めのストライプが気になります。この柄ってビシッと体に合わせて着こなした時のオーラがもの凄いんですよね。今回の春夏も太めのストライプはオーダーを頂いておりましたが、今までとはガラッと雰囲気が変わる特別な柄だなと。リピーターの方も多かった印象です。 色は、アースカラーと言ったベージュやカーキのようなまわりとは一味違ったスーツが注目されておりますが、ビジネスシーンだと難しいかも…と言った印象です。 カジュアルOKな職場やお祝いの席には俄然お勧めですが、そこで変化をつけるならやはり安定のチャコールグレーやネイビースーツで、ダブルやスリーピースを一着仕立てておくことが何かと役に立つのかなと思います。トレンドカラーは、スーツよりもネクタイやチーフで楽しみたいですね。 今のスーツって"全部がど派手!"というよりも上質で良いものが求められている気がしていて、大人の余裕じゃないですけど、決めすぎよりもよりも"抜け目が無い完璧なスタイル"という形を目指していきたいなと考えております。 また、現代はコロナウイルスの影響が大きく、この数ヶ月でTPOに合わせたスタイルが重要視される時代へと一気に変化しました。私もお客様との会話の中でリモートやオフィスカジュアルという言葉を以前よりもよく耳にするようになり、時代の流れをひしひしと感じるばかりです。 すなわちそれって、ON/OFFの切り替えが大切だということにつながるんですね。 こうなってくると、どんな時にもサラッと羽織れば様になるジャケット単品でのオーダーも注目です。「固すぎずでもちゃんとしたイメージは作りたい。」これは最近カウンセリングの中でよく耳にするフレーズです。ジャケットオーダーの際でも、肩パットを抜いたり、秋冬でもあえて裏地を取り除いたりすることでどんな時にも着れちゃう軽快なジャケットを持っておくことが良いんじゃないかなと思います。忘れちゃならない秋冬感は、生地の雰囲気で醸し出せばOKです。 ジャケット単品でのオーダーの際は、柄物をお勧めしております。 上の写真のような千鳥柄ジャケットの場合、スラックスは黒を合わせてシンプルに。基本スラックスはシンプルなものが多いと思うので、ジャケットには柄物を合わせた方が実はコーディネートが組みやすいんですね。スタイルの幅もかなり広がります。   秋冬生地の展開は、8月中旬ぐらいからのスタートを予定しております。 詳しくはスタッフまでお気軽にご相談くださいませ。
続きを読む
SUIT&SHIRTS EVENT

SUIT&SHIRTS EVENT

本日もご来店誠にありがとうございました! 大変ご好評いただいております只今開催中の3大イベント、 ・ ORDER SHIRTS -Early Summer Fair- ・ORDER SUIT 2020 S/S 閑散期SALE ・BESPOKE SUIT 2020 S/S 閑散期SALE こちらの3つのイベントも7/31にて受付終了となりますので、週末の開催は明日が最後となります。是非この機会にお得なプライスで弊社が展開するオーダースーツの魅力を存分に感じていただければと思います。  オーダースーツの方は、前年以上にジャケット単品でのオーダーが増えてきております。ビジネスカジュアルやオフィスカジュアルが年々増していく中で、最近ではリモートワーク中心という方のお話も耳にします。服装の自由化が進んでいく中で"洋服が与える印象"というものが今まで以上に大切になってくると私達は考えております。 今後益々ON/OFFのメリハリある生活というものがとても大切になってくると思いますし、ここぞの勝負のシーンでは相手に絶大な信頼を与える"完璧なスーツスタイル"というものが間違いなく求められます。 「さあ一緒にやっていこう!」という大切な場面で自分の信用を落としてしまうようなスーツスタイルでは、相手との関係も上手く築き上げていくことは出来ません。 そんな大切なシーンでどのようなスタイルをすれば良いのか。 弊社では体に合ったスーツをお届けるすることに加えて"TPOに合わせたスーツスタイル"も一緒にご提案させていただきます。 周りとは一味違った一目置かれる素敵なスーツスタイルを楽しむことが、様々な面で良い方向に進んでいくものだと私達は考えております。 詳しくは、お気軽にスタッフまでご相談頂ければと思います。明日もご来店お待ちしております。 ※日付/時間がお決まりの際は、ご予約も承りますのでお気軽にご相談ください。 ・TEL→022-308-3920  ・MAIL→hearts82210@gmail.com  混雑時はご予約頂いたお客様をご優先させていただきますのであらかじめご了承ください。...
続きを読む
SUIT&SHIRTS EVENT

SUIT&SHIRTS EVENT

今日ご紹介するのは、只今開催中の3つ目のイベント。 「ORDER SHIRTS -Early Summer Fair-」 こちらのイベントも半分が終了し、前半にオーダー頂いたお客様分の納品も始まって参りました。今回のオーダー内容を見てみると…やはり安定の白無地が一番人気。 中でも以前ご紹介させて頂いたロイヤルカリビアンコットン生地が大人気です。キメの細かい細番手の糸を使用した生地は、滑らかな着心地と上品な艶感たっぷりで一度着てしまうとそりゃもう離れられない。抜群のリピート率があります。   今回のイベントでは初となる全てのシャツ生地がイベント対象となっており、ロイヤルカリビアンコットンも含まれております。一枚つき-¥2,000となる大変お得なイベントになっておりますので是非この機会にお試しいただければと思います。 気に入った生地を見つけた方は、この機会にまとめてオーダーするのもアリですね。色違いで揃えるのも◎ クールビズの時期は鮮やかなブルーシャツもすごく爽やかな印象に繋がります。2枚オーダー頂ければ¥4000 OFF、3枚で¥6000 OFF…ですからかなりお得にオーダー頂けます。   スーツに合わせるドレスシャツがメインとなっておりますが、普段着としても着て頂けるカジュアルシャツ生地も今回イベント対象生地としてご用意致しております。 これからの時期は、夏にも羽織れるリネン素材が良いですね。 カジュアルシャツの場合は、トレンドを踏まえてシルエット全体に程良くゆとりを加えたスタイルでのオーダーをお勧めしております。また、着丈や袖丈など細かい箇所の指定も可能となっております。リネン素材は、縮み対策にも注意が必要です。   どのような衿型を合わせるべきなのか。カフスは?前立ては? オーダーシャツもスーツと同様に実に奥が深く、体とのフィッティング・スーツとの相性など注意すべき点が沢山あります。オーダー頂く際には、お客様の体に合わせた特別な一枚をご提案させて頂きます。 お気軽にスタッフまでご相談くださいませ。 ※今回の3つのイベント開催期間は7/31までとなっております。 ご来店お待ちしております。  
続きを読む
SUIT&SHIRTS EVENT

SUIT&SHIRTS EVENT

7月に入りまして只今オーダーシリーズでは、 ・ ORDER SHIRTS -Early Summer Fair- ・ORDER SUIT 2020 S/S 閑散期SALE ・BESPOKE SUIT 2020 S/S 閑散期SALE 3つのイベントを開催中です。詳細につきましてはblogにてご案内しております。また、こちら3つのイベント期間につきましては生地在庫の関係上、7月末までの開催を予定しております。   その中でも今回は毎シーズン一番人気の"ORDER SUIT"について詳しくご紹介していきたいと思います。まず最初に今回のORDER SUITでは、 ・2P (ジャケット&パンツ) ¥48,000→¥38,000+TAX ・3P (ジャケット&パンツ&ベスト) ¥62,000→¥48,000+TAX という大変お得なプライスでオーダースーツをお試しいただけるイベントとなっております。 今回は約80種類の生地をご用意。幅広く無地から柄物まで揃っております。 先週は新規のお客様が多く、まず一着目ならと言うことでネイビー無地のスーツが多かった印象でした。やはりビジネスシーンの基本となるのはネイビーとチャコールグレーのスーツですから、ここは一着ずつ揃えておくのが必須条件だと思います。 そこにボタンや裏地などでオーダー感を楽しむ。しっかりと体に合わせたスーツスタイルを楽しみながら、さりげないポイントにオーダー感をプラスすることで上品にスタイルを楽しむのがビジネスシーンにはお勧めです。細かいところですが、スーツにはマニアックな知識が沢山有りますから、「そこそれにしてるんだ!」的なスーツ好きなら分かるポイントを押さえておくことも大切だと思います。...
続きを読む