DIARY

今日ご紹介するのは、
「靴紐が見た目に与える影響」の話。
普段あまり気にする所ではないような気もしますが…
実は見た目はもちろん、フィット感にも
大きな影響を与える部分なんです。

革靴の靴紐は、大きく分けると2種類に分けられます。
まず一つ目が"丸紐"、そしてもう一つが"平紐"です。
靴紐はどちらが正解というものではなく、
好みによって分かれる物です。

丸紐が一般的にドレッシーな印象、
平紐がドレスにもカジュアルにも使えると言った印象でしょうか。
今回ご紹介する靴紐は、今までとは一味違った
特殊なタイプとなっております。

まず何が違うのかと言いますと、
今までの通常の靴紐に比べて太さが全く違います。
約半分ぐらいでしょうか?かなり細くなっています。
というのも最近のハイブランドの革靴などもそうですが
より上品でドレッシーな形の物が多くなってきているんですね。

それに合わせて靴紐も細いものが増えてきており、
ハトメの穴も今までに比べて細くなってきているんです。
それに合わせてコロンブス社が作成した今回の靴紐は、
一般的な物よりも細いものを創り出した訳なんですね。
写真の通り、今までの靴紐と見比べても差は歴然。
左側の方がスッキリとした印象になりますよね。

同じ革靴でも紐を変えるだけで
こんなにも印象が変わるのは私も驚きでしたが、
なんだか今までの相棒がさらに一段とランクアップした気分です。
さらに面白いのがこの細さで丸紐と平紐の両方を作っている所です。
気軽に出来るイメージチェンジだと思いますので、
ぜひこの機会にお持ちの相棒でお試しになってみてください。

COLOR:BLACK,BROWN